2017年入社 営業部

池谷玲奈Reina Ikeya

地道な努力が実を結ぶ、それが実感できる仕事

入社を決めた理由

私の就職活動を振り返ると、自分の言葉でモノの魅力を伝えて世の中に広めていける仕事をしたいという想いから営業職を志望していました。その中でも自社でモノづくりをしているメーカーを中心に企業探しをしていた中、ユースキン製薬を見つけました。当時からユースキン製品の良さを知っていたので、この会社の製品を世の中に広めていく仕事に携わりたいという想いを抱き応募しました。そして入社の決め手となったのは製品の強いブランド力に惹かれたこともありますが、大きかったポイントは自分が長く働いていけそうな職場だと感じられたことでした。会社説明会や面接を通してお会いした社員の方々の温かさを感じ、とにかく家族的な雰囲気の中でこの会社とともに自分も成長していきたいと強く思いました。

大切な製品をお客様へ

私たちはお客様に製品を届けるために日々営業活動を行っています。
そのために代理店と協力しながら小売店(ドラッグストアなど)本部のバイヤーの方々に対して商談・提案活動を行い、各地の店舗へ製品を導入します。一方では薬局薬店などの個人店様へも直接訪問し、お店の方に対して提案活動を行います。私は後者を担当し、自分の担当エリアの店舗へ毎日足を運びます。全ての営業活動を通じて重要な事は製品を店頭に並べてもらうことをゴールと考えるのではなく、店頭に並んだ製品をお客様に手にとって買ってもらう事です。そのためには製品導入後もお店へ足を運び、魅力的な買い場を作るための提案活動をしていきます。例えば「どんな陳列をすればお客様の目を惹くか」「どんな販促物を設置したら製品の魅力を正確に伝えられるか」などをお店の方々とコミュニケーションをとりながら、様々な視点で買い場づくりの提案を行っています。

やりがいを感じる瞬間

お店の方々と良い人間関係を築くために頻繁にお店へ通う。地道な仕事ですがそれを繰り返し行います。私が人とコミュニケーションをとる上で大切にしている事は、どんな方に対してもちゃんと歩み寄って話をしっかりと聞き、相手の事を理解することを心がけます。そのようなコミュニケーションを重ね、自分自身のことをお店の方に認めてもらった上で製品の導入に繋がったときには大きな喜びとやりがいを感じます。また当社の魅力の一つは、お客様(エンドユーザー)との距離が近いというところです。当社が開催する格言選考会やハンドエキスポなどのイベントを通してお客様と直接交流でき、そこで製品の率直なご感想や温かいメッセージを頂けると、自分が頑張って店頭に並べた製品がきちんとお客様に届いていることを実感できます。

「チーム感」を強く感じる

入社前に私が抱いていたユースキン製薬のイメージは、温かな雰囲気の中で社長をはじめ社員同士の距離が近いのだろうなと感じていました。そして入社後に感じたことは、私のイメージ通りの会社だったという事でした。部内でも役職や年齢関係なく話し易い空気があり、どんな小さなことでも相談できる環境です。特に私が所属している東日本営業部は「チーム感」がとても強いと思っています。お店を訪問する際は、もちろん自分一人の勝負ですが、その後ろには上司や先輩や同期メンバーたちがいつもいて、何かあれば支えてくれると思える安心感は本当に心強いです。困っている人がいたらすぐに助け合い、チームで目標達成に向けて進んで行く。
ユースキン製薬はそんな文化がある企業です。

学生の方へメッセージ

就職活動で順調に内定がもらえる人がいる一方で、なかなか内定がもらえずに人と比べてしまって落ち込んでしまうこともあるかもしれません。そんな時はむやみに数をこなすのではなく、一度自分を見つめ直す機会を作るのもいいかもしれません。相手に自分の気持ちが伝わるように整理し、自信を持って自分らしさを伝えていってください。焦らず一人で抱え込まず、たまには肩の力を抜きながら就職活動を乗り切って下さい。